活動予定



mtabeのスケジュール

19/01/26-27 山山杯@ラジ天名古屋
19/02/17 ヨコモグランプリ@谷田部アリーナ

2019年1月6日日曜日

AVIOT DACボード DAC01 AVIOT CASE 01 PC ケース



居間のアンプに繋ぐプレーヤーにSONYのHAP-Z1ESを買おうかなぁ〜と思っていたらラズパイオーディオって物があるらしいので挑戦してみた。

ラズパイにもオーディオ出力があるんだけど別途DAC基板を組み込むのがミソ。ハイレゾにも対応していてそこそこ良い音質で楽しめるらしい。ネットワーク上のファイルを再生できたりスマホアプリで操作できるので使い勝手もよさげ。音質が良さそうな専用のケースも発売されていたので一緒に買って正月休みに組み立ててみた。組み立ては特に難しい所は無く問題なく完了。

再生用のソフトウエアは色々あるみたいだけどVolumioを使ってみた。機能を削減したりして音質の向上を狙っている物もあるらしいので、落ち着いたらSDカードを用意してソフトウエアごとの音質を比較してみるのも面白いかも?

このDACもOS-CONを使っているらしく、エージングを100時間以上行う事が推奨されているらしい。実際電源を入れてすぐは何じゃこりゃ!?ってぐらいのひどい音質なのは以前購入したウォークマンのZX300と同じ(笑)

再生し続けて毎朝音質を確認するのが日課になっているが、1週間たってやっと聞ける音質に。音の傾向は賑やかな感じで自分の機器との組み合わせではボーカルがもう少し前に来て欲しい感じかな?

電源を手元にあったスイッチングタイプの物を使っているので、電源を交換してから細かい煮詰めを行う予定。

AVIOT DAC-01の音質はPCM5122らしくない音作り?


P.S.
スピーカーに繋いで聞くときはDAC側のボリュームを50%ぐらいに絞ってたんだけど、100%にしてアンプ側で調整した方が断然音が良くなった♪

0 件のコメント:

コメントを投稿