2015年9月19日土曜日

Japan Drome Race 2015 Round 3

Japan Drome 2015 最終戦 参戦しました! 

前回のじゃんけん大会でゲットした毛利さん提供のニューボディーを投入!

さらにアクションカメラ投入で笑劇映像ゲット!

健太郎はデモカーをお借りして親子対決!?

決勝レース序盤は鈴木さんを追いかけて2番手
中盤にトップに立つも依田さんにかわされ2位フィニッシュでした。
けんたろうも良いスタートを切ったのですがミスで徐々に後退
25周目にリタイヤとなりました。





Smart Logger で見てみよう♪

SmartLoggerは電流計を取り付けて搭載です。


今回のデータは予選の3ラップをベストラップの2周目との比較です。
ほぼ電圧の低下に比例してラップタイムが下がるので2周目がアタックラップ。
予選終了後に充電が禁止されているので3周目を押さえのラップにして
計測ラインを通過したらアクセルを抜いてバックストレートでコースから離れます。


LAP1

 回転数、縦G、横G、スロットル、ステアリング(赤Lap1、黒Lap2)
回転数のデータからトップスピードに乗るには8~9秒かかっているのが分かります。
1ラップがほぼ11〜12秒なのでまるまる1周助走がいるイメージです。


温度1(未接続)、温度2(モーター)、バッテリー電圧 、電流(赤Lap1、黒Lap2)
発進時の電流は20A走行し出すと10Aぐらいで安定します。
1周目に消費された電荷は41.1mAh


LAP2

1Lapめの最後で全走者をよけたため横Gのある状態から計測をスタート。
1ターンと3ターンの進入で大きめの横Gが出てしまって少しロスがありそう。

電圧は8.09V電流は10Aでほぼ安定した状態
2周目に消費された電荷は32.5mAh


LAP3

メインストレートを直進でき良い感じ
2ターン出口で車が下を向いたのか少し修正舵有り回転数も落ちる
3ターンの進入〜4ターン出口までは良い感じでスピードを取り戻す
ストレートに戻ったところでなぜかクルンとスピンそのままゴール


ゴール前にアクセルを戻しているので電流が0Aまで下がっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿