2011年11月6日日曜日

SANWA TLS-01


TLS-01とRX-462を早速購入しました。

M11XにRX-462の組み合わせでバッテリー電圧と回転数をTLS-01でロギングしようと思いましたが、この組み合わせはNGです。RX-462はTF4Tモードのある送信機以外とバインドできません。現状はMT-4専用となります。

次に考えたのはM11XにRX-451の組み合わせで走行させ、ロギング専用にRX-462を追加で載せる方法。これもRX-462はMT-4の電波を受信しないときはログデータを送信しないのでMT-4無しでの運用は不可能です(爆)

というわけでMT-4本体も購入。最初からセンサー付きのセットを買うのが正解です(汗)

MT-4はM11系と違いマルチセレクタを使って機能を設定するタイプですがかなりこなれた操作感&メニューの名前は以前と同じなので1日いじり回せば説明書無しでも使えそうな感じ。TLSもマルチセレクターなので操作感も似ています。

で実際の使用感なのですが、レジャランまで遠征したにもかかわらずタイヤを忘れて走行できなかったので来週のみさきまでお預けです。

MT-4のダイレクトモデルセレクト最高!<-TLSにも欲しいよw



回転センサー(STS-11R)
温度センサー(STS-01T)



0 件のコメント:

コメントを投稿