2010年2月24日水曜日

CRC Carpet Knife Generation XL Bronze Ball and Ti Ball


キングピンとロアアームに取り付けられたデルリン製のボールが渋くて滑らかに動かない問題とアッパーボールとステアリングブロックが渋い問題の対応。

キングピンを細くするかボールの穴を大きくするか悩んでいたところにおもしろそうなオプションパーツを見つけた。#32462 Bronze Lower Arm Ball つまり銅から削りだしたボールだ。樹脂パーツと違い寸法はきっちり出ていそうな気がする。コレでダメだったらキングピンを加工しましょう。

早速取り寄せて確認するとスルスルです。ブロンズボール最高w

同じようにアッパー側のボールも2本で微妙に直径が違うのでチタン製のものを取り寄せてみた。#3344 Ti ProStrut Upper Pivot Ball
結果チタン製は1本ともは大きい方と同じ寸法でした(笑)チタンのボールに交換してから少しだけきつめに#75の蓋をしてグリグリ動かしてみると当たりがついてきました。蓋を少しゆるめるとスルスルになりました。標準のボールより丸い上に表面がざらざらしているのでアタリがつきやすいのかも?

0 件のコメント:

コメントを投稿