2010年2月26日金曜日

CRC Carpet Knife Generation XL Diff Ring


おもしろい形のプレートですが残念ながら平面度はそれほど高くありません。複雑な形状なので中心が裏面に向かってへこんでしまっています。
自分の場合、ますは荒いペーパーで裏面全体が当たるように磨き、次に表面を荒いペーパーでボールが通る部分まで削ります。あとは順次細かいペーパーで仕上げればOKでしょう。

ちなみにデフリングトゥルアーを使った場合の回数は以下のような感じでした。

裏 #320 300回
表 #320 300回 #600 200回 #1000 200回

この道具きれいになってくると手応えが軽くなるのがわかりやすいですね。最初はペーパーがダメになったのかと思って新しいものに変えてみましたがそれほど手応えは変わりませんでした。軽くなったらその細かさは完了と思って良さそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿