2014年5月26日月曜日

KANKI x mtabe ヨコモグランプリRound 20


ヨコモグランプリR20、連休前に完成した新GPコースでのレースは初参戦。
カーペットがなじむまではグリップが低かったようですが、先日見学したフタサンカップではなかなかのグリップのように見えました。
(スポンジタイヤも減りにくいそうなので次回は12に参戦しようかな?)

今回は土曜日の午後に現地入りし、練習を開始してみましたが車がボロボロでまともに走りません(汗)急いで問題のあるパーツを交換したところまずまずの調子になりました。
タイヤは車についていたリヤSフロントMで走り始めましたが、フロントをMSにしたところタイムも向上!ロガーのデータで見ても横Gが1.6Gから2.2Gへと大幅UP!!
他にもセットを進めたかったのですが時間切れでベースセットのままとなりました。


レース当日は息子とえひやん、Okureさんと同じテーブル、くろぅどさん、Jinさんはテーブルが離れてしまいました(涙)

コースが逆回りになったので練習走行はグリップが軽め。前日夕方の強烈グリップから比べるとスカスカなのでセット変更したくなりますが、決勝までには路面が仕上がってくる事を期待して車はいじらないことに。

予選1回目は8番手スタート。徐々に前走者をパスしながら順位を上げます。マナー良く譲ってくれたので接触もなく13周の3秒ヒート2番手でゴール。総合でもトップのカメ吉さんからは3秒差の2位で予選2回目に逆転を狙います。

あと3秒タイムアップするネタをいろいろ考えたものの特に良いアイディアもなかったので車はいじらず予選2回目に挑みます(ラップタイムを確認したら最終ラップにベストラップが出ていたのでいじれなかったのは秘密ですw)

予選2回目はトップに引っ張ってもらいタイプアップを狙います。ところが2周目にカメ吉さんが転倒。気持ちを切り替えて自力でペースアップしたいところですが後ろからアカザーさんが追ってきます。4分間大きなミスもなく走りきりますがアカザー選手にパスされなかったものの逆転されヒート2番手でゴール。

最終結果は予選3位かな?と思ったらYu1さんが2番手に飛び込んでアカザーさんが3位、僕は予選4位となりました。ちなみに2〜3位はすべて4分2秒台で参加者の半数ほどがトップと同一周回とかなりの接戦です。レギュレーションがうまく機能しているといえるでしょう。


決勝は8分間の長丁場、最近12を走らせていないので最後まで集中できるかが不安ですw
スタートは混乱もなく1列で1周目をクリア。序盤は左セクションでアカザー号よりアドバンテージがあるようでビタビタに寄せていきますが、2〜3分ほどすると徐々に離されてしまいます。レース中盤にYu1さんがストレート前の3連ヘヤピン出口で転倒、3位に浮上します。その後じわじわと追いついたりお椀にかすって離れたり緊張した展開が続きます。残り1分になるとアカザー号のスピードが鈍ったのか?接近しますが時すでに遅し、0.2秒差の3位でゴールとなりました。


データロガーでグリップ円を見てみましょう!


土曜日の練習走行のデータです。
黒はフロントMS、赤はフロントM
横Gのピークが1.6Gから2.2Gにアップしています


 レース当日の練習走行と予選1回目めのデータです。
黒が予選1回目、赤が練習走行。
こちらもピークのGが1.8Gから2.0G程度のアップしています。

コースコンディションの変化も定量的に扱うことが出来そうですね♪