2013年7月1日月曜日

TLSひとりでできるもん!@IRCC


今年もIRCCに参加してきました♪



日本では珍しい特設サーキットで行われるビッグレース。室内での開催なので遠方からの参加者も安心ですね。交通機関も自動車、電車、飛行機と何でもOK。激安航空会社なら愛知県内からの高速料金よりやすく移動できるとか?ミニライブやポディウムガールとの撮影などお楽しみがいっぱいです。レースのレベルもトップドライバーからサンデーレーサーまで幅広いドライバーが参加しているのでどなたでも楽しめると思いますよ!



自分は12GTと"スコッティーと遊ぼう”なFWDに参加しました。
12GTは広坂、吉岡、ノックのワークスドライバー+アマ?最強ドライバーの葱玉さんにちぎられてしまい予選5番手、決勝はGT300役に徹して6位。
FWDクラスは"くろぅど"さんとスコッティーについていけず予選6番手、決勝はゴロリンチョを決めて最下位でした(爆)

というわけでIRCCの紹介とレポートはここまで。




IRCCの会場でTLSひとりでできるもん!のテストをさせていただいたきました。今回のドライバーは12フリークとしても有名な長谷川さん。RCファンには雑誌などでもおなじみですね。コース設営後の確認走行と初日の昼休みのでも走行の時間にテストを行いました。車はもちろん1/12レーシング。長谷川さんの愛車です。


コースは右回りでコーナの数は8個。計測ラインはストレートの終わりになります。



まずは会場設置直後のデータです。ボディーの比較(ボンバーとAMR)を行っています。車体がAMRに会わせてセッティングされていることもあり、AMRのほうが良いラップタイムを出しました。ボンバーボディーは路面があがっていないこともあり、リヤのグリップ確保が難しかったようです。違いを比較すると・・・
・1〜5コーナでのアクセル開度
 リヤグリップに不安があるのでアクセルをあけられない
・5コーナの舵角
 リヤグリップに不安があるのでハンドルを切れない
などが読み取れます。
またストレートは十分に長いレイアウトなのですが時間にして1秒以下。このクラスの車ではストレートスピードをあげても大きくラップタイムに影響しないことがわかります。


次は1日目の昼休みのデータです。設置直後のデータと比較しました。ラップタイムの差は0.13秒。徐々にグラフがずれていることから路面が良くなっておりコース全体でタイムを稼いでいることがわかります。


おまけ写真集w

名古屋のお好み焼き屋さんねぎぼーず



空港内の飲食店はおいしいお店が多いですね♪



IRCCは海外からの参加者もいらっしゃいます。なかにはこんな方も!



デビュー直前の"FacTor"の皆様がポディウムガールとしていらっしゃいました。



みなさんに体験走行していただくと・・・



初走行ながらコースを周回!!2台でのバトルもありチョー盛り上がりましたw



 サインをお願いすると・・・
ばっちりデコっていただきました!

0 件のコメント:

コメントを投稿