2012年10月22日月曜日

キングピンアングル付きナックル


もともと12はフロントのイン側タイヤをこじって曲げているので、クランクステアリングを導入すると曲がらない傾向が出ることがある。

たとえば・・・
・ストレートステアリング修正→ピクピク
・高速コーナーのアプローチ→ドアンダー
・タイトターン→ばっちり

でどうしたものかといろいろ悩んできましたが、正解は"キングピンアングル付きナックル"だったようです。キングピンアングルをつけるとキャスターの影響でステアリングをきるとアウト側のタイヤが持ち上がり面圧が減る傾向になるのを抑制する働きがあります。今回のナックルの場合は10度前後の舵角での大幅な改善が見られました。

ステアリングのつながりが良くなるので、ハイサイド路面でも良いことありそうです。


0 件のコメント:

コメントを投稿