2012年3月9日金曜日

Lipo電池


楽ラジをめざしている?サンデーレーサーさん向けの話。

リポバッテリーを使い始めて1年ぐらいたちましたが電池がダメになったって印象はあまりなかったりします。実際放電器で計測しても新品の時との電圧の差はグラフの線の太さに収まっているのでほぼ計測誤差の範囲。容量は5〜10%減っているものが多いようです。
容量のキビシイ12モデのトップレーサーたちは大変なようですが8分で1〜2ラップ遅い僕の場合バッテリーがたれるのを経験したことがありません(汗)

同じリポ電池でも毎日使う携帯電話(特にスマホ)は1〜2年で容量の低下が気になります。
電池の劣化はどんな感じで進むのかなぁ?と思っていたときに見つけたのが上のグラフ。

(この電池は公称45Ahなのでラジコン的には45000mAhになります)


車用のバッテリーの資料のようですが45000mAhの電池が20回程度の使用で35000mAh程度の容量になっているようです。そこからはのんびり容量が減っていき200回30000mAhぐらいといった感じ。450回までしかデータが無いのですがそこからは痛み方が激しいのかもしれません。

この図から想像できるのは容量に関してのみですが、45000mAhのバッテリーとして考えると電池は10〜20回程度の寿命であると言うこと。30000mAhのバッテリーと考えれば寿命は300回以上ですね。メーカーがどの程度の容量で表示しているのかが気になるところです。

月1回走行する自分の場合Lipo電池は数年使えるって結論になりそう・・・
でも全日本前にきっと1セット買っちゃうんだろうなぁ(爆)

資料の引用元
とうとうここまで来たか...(GIZMODE)
http://www.gizmodo.jp/2012/03/500km.html


実車用として考えた場合、毎日乗ると2年持たないバッテリーって大丈夫なのかな?(汗)

0 件のコメント:

コメントを投稿