2011年11月16日水曜日

SANWA TLS-01 その5

TLSでロギングするときは開始、終了、ラップを操作する必要があります。

友人に操作を頼めるときは問題ありませんがレース中など1人で操作する必要がある場合は送信機からの操作することができます。(送信機での操作には設定が必要です)

送信機のどのボタンに各機能を割り当てるかですが、自分はSW1でログの開始終了、SW2でLAPに割り当てました。


送信機側設定


SYSTEM-KEY ASSIGN
 SW1 AUX2 TOGGLE
 SW2 AUX

SYSTEM-AUX TYPE
 AUX1 POINT AUX 2PONT
 AUX2 POINT AUX 2PONT


TLS側設定

SETUP-REC
 REC. START AUX2P1
 REC. STOP AUX2P2

SETUP-LAP
 LAP AUX1P1

SETUP-AUX FUNCTION
 AUX1
  POS1 127
  POS2 42
 AUX2
  POS1 127
  POS2 42

※送信機からの操作の設定を行うと本体のボタンが無効になるので本体のボタンを使う場合にはSETUP-RECとSETUP-LAPを元の設定に戻してください。
ダイヤル・レバーにAUXが割り付けてあるのでOFFにしてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿