2011年6月26日日曜日

IRCC@セントレアに行こう!



IRCCは魅力的なレースですがセントレア空港なんて行ったこと無いぞ?思った人も多いはず。次回参加される方の参考になればと思い自分メモをUPします。質問も大歓迎です。コメントに書き込みおねがいします。

宿泊
3日間通して参加するなら宿泊施設が気になるところ。空港の島の中も外もそれほど値段が変わらないので会場から歩いて帰れる島内のホテルがおすすめです。東横イン(http://www.toyoko-inn.com/hotel/00148/index.html)ならシングル4500円ぐらいから。

交通手段
名鉄(http://www.centrair.jp/access/train/index.html)で移動できる方なら電車での移動もおすすめです。空港直結の駅は非常に便利です。車の場合は連絡橋(片道350円)と駐車場料金がかかります。

駐車場
セントレア駐車場(http://www.centrair.jp/access/ac-parking/index.asp)は大きく2つのブロック(P1, P2)に分かれています。それぞれA~G、H~Mに分かれておりG,Hが会場に近い場所に当たります。自分は初日よくわからずB駐車場に止めましたが会場まで10分以上かかりました(汗)料金は30分以下無料。4時間以上は1500円となっています。ちなみにEとG駐車場は予約専用になっているので別途1000円追加費用がかかります。東横インなど空港内のホテルに宿泊する場合は駐車料金が宿泊費に含まれているのでセントレア駐車場に駐車して荷物を下ろした後にホテルの駐車場に移動するのがおすすめです。何階に駐車するか?と悩みましたがエレベーターがあるのでどの階でも問題なさそうです。



荷物運び
荷物の移動には空港に備え付けのカートが使えます。
駐車場にも常備されているので車を止めたらカート置き場から借りて荷物を積んでアクセスプラザに向かいましょう。

アクセスプラザ
駐車場のエレベータに乗って4F?に向かい、動く歩道をにのってアクセスプラザ(http://www.centrair.jp/map/index.html)の入り口にむかいます。
アクセスプラザに入ると正面に案内所、右手に名鉄の駅があります。そのまま正面に進み出発ロビーの斜面を登ります。
出発ロビーに入るとチェックインカウンターが多数ありますが右手のセントレアホールへの連絡通路にむかいます。

レース会場
セントレアホール(http://www.centrair.jp/service/sv-hall/index.html)に特設コース、となりの貸し会議室R1〜R3(http://www.centrair.jp/service/sv-hall/index.html)にピットを設営する形になります。コースは見学可能ですが、ピット内はパスを持った人しか入れません。電源はAC100Vが用意されます。コンセントの口数が少ないのでテーブルタップが必須。椅子とテーブルも用意されます。一人あたりのサイズは作業スペースは約900×600㎜で通路が狭いため荷物は少なめが吉です。ホールのある建物にはスターバックスと自販機トイレ喫煙所などがあります。食料品は持ち込めませんがターミナルビルの1Fにはコンビニがあるので食費を抑えたい方も安心です。1日目や2日目のスケジュール終了後はピットがクローズされますが、荷物は置いていけるので助かりました。貴重品やバッテリーなどの危険物は持ち帰りましょう。ハンダごてクリーナーは専用のスペースに用意されているのでハンダのみ持ち込みでOK。スポンジ星人が気になるタイヤ整形場所は喫煙所の1つが指定されています。タイヤカッターは用意されないので持ち込みが必要です。

レース
コースにプロジェクターでレースのラップタイムが表示されたり、荒川さんやScottyのMCも楽しいので観戦だけでも楽しめます。
進行はタイムスケジュールが事前に発表されており準備が進めやすいです。土曜日の1回目の予選終了後にベスト5ラップで組み替え。土曜日の結果(周回)をもとに2日目の予選の組み合わせが決まります。
ピットでコースの映像が見えたり(どちらも部屋が明るくて少し見ずらい事もありました)呼び出しのアナウンスなどもあります。さらに無線LANも用意されていましたので生中継されていたLive RCに接続してタイムを確認していた参加者もいました。


現地入りするまではどんな会場なのかわからず不安がありましたが3日間非常に楽しいイベントでした♪

0 件のコメント:

コメントを投稿