2011年5月19日木曜日

セットダウン


ヨコモグランプリで走行したR12のセットダウンを行いました。
朝方は微妙にアクセルONのタイミング車が左に向く傾向がありましたが、決勝では気を抜いたとたんにコースアウトするほど極端に左に走って行く用になりました。コースアウトした後からは進入で左に曲がらず右にはよく曲がる傾向も出ていました。現象を押さえた上で車をばらしてみると・・・
43.5mmからスタートしたタイヤサイズは左前のみ43.0を少し切るぐらいでその他は43.0mmぐらい影響で少し右に曲がらなさそうです。
メインシャーシ、リヤポッド周りにはひずみはないようです。
フロント周り破損等はありませんでしたがキャンバーが左右で狂っていました。右2度左1.5度。コーナーの進入で左右の曲がりが違ったのはこの部分が原因のようです。おそらくコースアウト時にずれてしまったのでしょう。車高がESCの位置で左右0.3mmほど違います。アッパーアームを外してチェックするとフロントの左右のプリロードが違う印象です。フロントスプリングの長さを測ると左右同じなのでスプリングの向きをそろえてセットしたところ左右のばらつきは無くなりました。
リヤ周りは特に問題はなさそうに見えましたがツイックを確認すると0.5回転分ぐらい右後ろが強い方向。これもアクセルONで左に行く方向です。フロント側の不揃いとどちらが影響していたのか次回確認が必要ですね。
走行前に気にならなかったフロントスプリングの向きの不揃いが走行後には気になるレベルになっていたのは興味深い点ですね。村井さんの書き込みがなければ迷宮入りしたかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿