2011年3月22日火曜日

ひとりごと

被災地では苦しい生活が続いていると思いますが、被害の少なかった地域ではできるだけ速やかに通常の生活に戻ることも大切だと思います。関東の外れに住んでいる自分の印象で書いてみると・・・

・地震
時間と共に収束していくとおもわれます。あと1~2週間でしょうか?

・福島原発
一進一退の苦しい状況が続くのではないでしょうか?解決には数ヶ月から数年かかる可能性があると思うので長期に耐える作戦が必要だと思います。作業に従事されている方々のにも十分に配慮する必要が有ります。また壊れるまで放水車を連続運転したなどの噂もありますが、資材は計画的に使うべきです。

・ガソリン
順調に復旧が進んでいる様子なので、1週間ぐらいでスタンドの行列は無くなるように思います。皆さんのがんばりに感謝!

・電気
当面は東電管内で止めてある発電所を動かして対応することがメインとなりそうですが、東電の発表の通り半月〜1ヶ月で停電はいったん落ち着くのではないでしょうか?ただ夏場の電気は厳しいと思うので7~8月に新たな対策が必要かも?

・食べ物
北関東で作られている食料に原発事故の影響が有るのでは?といった懸念からしばらく混乱しそうですね。早急に安全が確保できる検査態勢を確立して欲しいと思います。危機管理の観点で考えるとすでに判断基準が準備されているべきかと思いますが、万が一の可能性を検討することは適切ではないと考えられていたと思われるので一から考えることになりそうですね。

・遊び
今のところ自粛ムードや計画停電の影響で厳しい状態ですが、前向きに検討したいですね。自分も4月には全日本に向けての練習を再開したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿