2011年2月28日月曜日

ヨコモグランプリ GT500編


今回はGT500ストッククラスにエントリー。標準モーター+リポバッテリーのクラスです。

事前情報でリヤのダンパーを堅めにした方が良いという話が出ていましたが、実際に車の動きを確認しながらセッティングの変更をしたかったのでR12で使っている番手と同じオイルを入れた状態で車を持ち込みました。オプションパーツはフロントにダンパーを追加した状態です。
タイヤは北川さんからのアドバイスで前後S、リヤのみグリップ剤の組み合わせから始めてみます。
残念ながら練習走行がなかったのでセッティングをいろいろ試す時間はありませんでしたが、1分間のマイポンダーチェックで前後Sタイヤで問題なさそうなことが確認できました。

予選1回目はTNレーシング&たけじろうさんが21秒台で飛び抜けて速く14周シングル、自分はベスト22秒6の13周1秒で3〜4番手。何かしないと団子状態の3番手争いから抜け出せそうもありません。

ロールのコントロールが難しいのでロールダンパー#200から#600に変更しました。運転は楽になりそうですがタイムアップはあまり期待できないので何かギャンブルを〜と思っていたところ。とんでもなくグリップして横転している車を発見!これはGSかも?と思いタイヤを前後GSにすることにしました。(北川さんからはまともに走らないよと事前に教えていただいていたのですがw)リヤの安定感に問題ないのでおもりも外すことにしました。

予選2回目、前後ともすばらしいグリップ感なのですがアクセルを抜くとフロントが引っかかりリヤが飛んでいきます(滝汗)北川さんの言っていたのはこの状態なのか〜と納得しつつ車をコントロールします。がんばって走ったものの他車との絡みなどもありトータルのタイムは13周の15秒ベストラップも22秒8と余り変わりません(汗)

決勝は5番手スタート。スタートから積極的に順位を狙うが計測ラインを過ぎた後の左コーナーで6番手スタートの友人と接触(汗)その後だんごに飲み込まれスタック(滝汗)最下位まで順位を落としました。その後おおきなトラブルもなく8分完走しますが19周0秒、9位でゴール。トップは21周9秒でした。

谷田部ほど広いコースで290モーターだと退屈かなぁ?と思いましたがコースの至る所で接戦が繰り広げられるので非常に楽しいレースでした。次回は5月も参加しそうな勢いです♪

特別なOPパーツなしでチキチキレースが楽しめるGT500。みなさんも是非挑戦してみてください!

おまけ、セットアップ情報のようなものw
谷田部のGT500のタイヤは前後にグリップ剤を塗る場合はフロントMリヤS、リヤのみに塗る場合は前後S、グリップ剤禁止のクラスは、フロントSリヤGSあたりが良さそうです。GSにグリップ剤はタイヤのよれが大きく扱いにくい上にモーターのパワーを食われてしまう傾向がありそうです。
セッティングはボディーが重く左右にふらつきやすいのでロールダンパーは#800前後。前後の荷重移動も比較的ゆっくりした物が要求されるのでこちらも#800ぐらいが良さそうです。
スプリング類はノーマルでOKの用です。
バッテリーはストレートパック型の3000と4000のバッテリーを試してみましたが、動きは軽量な3000の方が良さそうな気もしました。
ボディーもGT-R、SC、HSVそれぞれ動きが違うようです。

ちなみに予選ポールTNのババンゴさんの車はFショックなし。リヤオイルは共にアソシ#80、キャスターは一つ寝かした状態でおもりなし。他はノーマルでした!!

0 件のコメント:

コメントを投稿