2010年12月9日木曜日

Eagle MD2 使ってみた


ロビトロのプロマスターに比べると安っぽいのはしょうがないですね、基本機能を備えてこの価格で販売していることを評価するべきでしょうw
電源部分がないので走行用バッテリーが必要です。何度も測定するとバッテリーの性能が低下して正確なデータがとれないので注意が必要です。


今回は21.5Tでテストしてみました。バッテリーは保管モードで充電済み(笑)のヨコモの赤リポ1本です。
セッティングの違いで異なったデータが計測されているので絶対的な精度はともかく傾向をつかむには十分な精度ではないかと思います。
計測の上限に関しては上限の3万回転以下のモーターだったので不便は感じませんでした。
次回は1セルでのテスト(できるのか?)やPCへの接続、より高回転なモータを使ったテストを行いたいと思います。

P.S.
バッテリーとの接続コネクタをディーンズにした場合バッテリー1本で測定するとショートする可能性があります。入力側のヒューズを抜くなどして対応してください。

memo

1.05ms, 1.40ms, 1.90ms
----- おまけ ------


気に入らない点1
なぜか測定時に毎回ESCを使うか訪ねてくる。質問するのはかまわないが前回使った状態がデフォルトであるべき。


気に入らない点2
ESCチェックの時も設定を保存したのになぜか初期値が元に戻っている。

イーグル関係の方コレを見たらファームウエアのアップデートで対応お願いします♪

フライホイールのバランスが悪いのも減点対象ですね。音でモーターのバランスが悪いのかフライホイールなのか分からないのは困ります。オプションでバランス済みフライホイールの発売も期待しちゃいますw

0 件のコメント:

コメントを投稿