2010年10月25日月曜日

CRCカップ第4戦


CRCカップ第4戦に参戦してきました。
ピットはライバル"しのさん"の向かいです♪

今回はAメイン入り、ベストラップ10秒フラット、45周が目標です。

予選1回目 27L 5:02.567 BL 10.541
組んだばかりの車を様子を見ながら走行、少な目の舵角にあわせてプロポを調整したため送信側をフルロックまできらないとコーナーを曲がれず焦る。慣れてくると普段より舵角が少ないことを差し引いても曲がらないバランスの模様。シケインでトップの車にパスされたあとに後ろについて最終コーナーを全開で立ち上がるとストレートに出たあたりでアウト側のフェンスにヒット!壊れちゃったかなぁ?とどきどきしながら走行していると大きな問題はなさそう。その後調子に乗って1コーナーを攻めすぎてオーバーラン。アウト側のフェンスにぶつかってキングピンを折ってリタイヤ。

予選2回目 44L 8:02.232 BL 10.232
1本目の走行で折れたキングピンを交換。アクスルを救出するために壊したフロントナックルのプラパーツも交換。フロントホイールも痛めてしまったので前後新品タイヤに交換。1本目で曲がらなかったのでボディーを変えるか?グリップ剤の塗り幅を変えるか悩んだ結果、グリップ剤のみ変更。1/2から前回シリーズ戦と同じ2/3に。D-RATEも少し余裕がありそうなので100%->110%へ。

1本目タイム無しなので完走を狙って慎重に走行。先ほどより曲がるものの、もっと曲がってほしい印象。2~3台に抜かれるものの周りと同じようなペースで周回し44Lでゴール。この時点でIMクラス3番手。

12GT模擬レース♪
7台のGTカーで5分間楽しく走行。1セル10.5Tは人間の限界を超えないスピードで楽しくチキチキできそうです。

予選3回目 44L 8:01.026 BL 10.105
初Aメインに残れそうなので2ヒート分の決勝用のタイヤを確保するために前後新品タイヤに交換。塗り幅を増やしたものの曲がりが不足しているのでボディーを後ろマウント気味なSpeed8HDからZytecに変更。周りに比べてストレートが遅かったのでアンプの進角を80%から85%へ増やす。アクセルの開け始めのツキも不足気味なのでスロットルプロファイルを4から5へ変更。

目標の45周には2秒つめればOKなので、大きなミスをしないように走行。Zytecボディーは曲がりはOKだけどダウンフォースもがっつりで車が失速気味。原因不明の左右の曲がりの違いに悩まされつつも、転がるように丁寧に向きをかえつつ、アクセルを早めに入れてあわせるものの動きが重め。軽めのボディーが良かったかも?何回か止まってしまったものの、まずまずのペースで残り10秒のコールで計測ラインを通過。45周に入れるか?と思ったけど残念ながら44周の1秒で終了。

スタート直前に目見当で右のキャンバーを修正したところ結果的には0.5度にセットしてあったキャンバーを2度近くに増やしてしまったようです。


決勝1回目
初Aメインでかなり緊張していたのかレース展開はほとんど覚えていません。全車がスタートした後にゆっくりとスタートして混乱には絡まずよい展開。途中3番手のコールが聞こえたような気がしますが中盤から終盤にかけて他車と絡んで順位を落としました。


決勝2回目
1回目終了後にデフがゴリゴリになっていたので緊急メンテナンス。スタート時間直前に完成してグリップ剤の時間が10分程度に(汗)

今回はスタートから積極的にポジションを狙います。1周目の混乱を抜けて3位を走行します。苦手な最終コーナーから1コーナーまでも全開で走れるようになりいい感じ。グリップ不足を心配しましたが転がりもよく走りやすい感じ。後ろから何度も追いかけられるも同一周回の車とはいくらかバトルもしながら8分間走行し無事フィニッシュ。決勝1回目に比べ満足できる内容でした。

自宅に戻ってから確認したところ右ナックルのボールエンドをつけるためのプレートにクラックが入っていました。左コーナーが曲がらなかった原因はコレかも(汗)

今回は45~46周のペースの方と一緒に走ることができたので大変勉強になりました。今年の目標はIMクラスの卒業でしたが前半は車が思うように走らず、後半になってやっと10秒台で走行できるようになって来ました。一緒に遊ぼうと思っていた"こうすけ"君はすでに48周で走行するほどに上達しているので来年こそは目指せエキスパートです♪


今日はRedBullをやめてROCK STARにしてみました。

0 件のコメント:

コメントを投稿