2010年4月11日日曜日

2010みさきGC第4戦


今回ついに新型車両TS-020のデビューレースです。
残念ながらドライバの体調不良により(汗)走行テストを行えなかったため、予選1回目がシェイクダウンとなりました。

予選1回目、初走行となりましたが2号車はワークスチームの1号車のデータを元にセットアップされた状態でしたので無難に予選を走行。1号車が17L 5'07.020で予選4番手、2号車は17L 5'12.960で予選5番手となりました。2号車は1号車とフロント回りに異なったパーツを使うため少しステアリングの効きが良すぎるようなので予選1回目終了後にフロントのオイルを#600から#350に変更。扱いやすい方向にセッティングを変更しました。

予選2回目、前列スタートなので1周目から全力でプッシュ。1周目の混乱を抜け出しステルスモードで走り続けます。終盤周回遅れをパスするときに接触しタイムをロスしますがそのまま18L 5'14.230でトップゴールします。1号車は残念ながらクラッシュがあり16L 5'07.020とタイムアップできませんでした。

予選総合結果は予選1回目に18L 5'12.100で永野さん、2番手に18L 5'14.230で2号車、3番手18L 5'15.450で土屋さん、4番手17L 5'00.460で河西さん、5番手17L 5'09.490で1号車、6番手17L 5'12.010で岡さん、7番手17L 5'13.900で大村さんとなりました。

決勝はポールの永野選手を追う展開で始まりましたが2周目に1号車がフェンスと接触ステアリング回りを破損しリタイヤ、2号車も他車との接触などで徐々に順位を落とし5位フィニッシュとなりました。

予選で18Lで2番手に入れたことなどからも十分に戦闘力はある車両だと思われますが、競り合いに弱い面がありその部分を改善していく必要がありそうです。あとSDに比べて不思議なほど燃費が良さそうです。5分間で370~380mAh(OVAは平均5A弱でSDは10A強)で走れています。

スポーツクラスにYokomoの横山くんが参加していました。BD-5WSとストックアンプ+17.5Tで走っていました。レースは見事優勝したけどジュースじゃんけんには負けたようですw
BD-5WSは細くて好みのタイプですね。バッテリーが用意できたらコンバート予定です。
セッティングはリヤトー3度に変更とリヤのバルクキャップを3.5mmワイドでリヤハブ外穴からとっってました。
モーターは新型はまだ用意できていなかったようでヨコモの青い缶の17.5Tとノスラムの17.5Tを使っていました。ギヤ比は7.0と7.1で使っていたようです。今までのアンプの場合は5.5近辺だったようなので予想通り3割増しぐらいですね。ちなみにモータ側の進角は0で赤いアンプのセットは3-4-3-0だそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿