2010年2月22日月曜日

CRC Carpet Knife Generation XL BagF


フロント周りの制作&取り付けです。
まずびっくりなのは今までインチの工具で組み立ててきましたが2-56x1/2のネジやアッパーボールは2mmの六角レンチで固定です!

公開してあるセッティングにあわせて
・スペーサーは5mm
・アクスルはトレーリング(オフセット)
・アッパーアームマウントは10度

またアッパーアームはオプションのロングタイプにするために(#3348 Molded Upper Arm - Dual)と(#3277 Pro-Strut Graphite Brace - Gen X)を使用します。

ここまで順調にきましたが樹脂パーツメインのフロント周りはいろいろ大変です(汗)
要修正ポイントは

スペーサーのシャーシ取り付け面にバリあり。
−>ペーパーで修正。
デルリンピポットボールはキングピンとのクリアランスが少なめで動きが渋いです。
−>オプションのボールに変更?orシャフト研磨?
アッパーアームが曲がっているためにアッパーアームマウントとのクリアランスが足りない。
->お湯につけて修正?orスペーサー研磨?
アッパーボールの大きさが違うためにステアリングブロックと組み合わせると動きが渋い。
->オプションのボールに変更?
ロングアーム化したためアッパーアームマウントとロアアームを固定するネジが不足。
->ネジの寸法を確認して購入?
ステアリングブロックの奥までアクスルが入らない
->バリなどが出ていないか確認してペンチでぐいっと入れましょうw

このセクション次回へ続く予定(汗)

0 件のコメント:

コメントを投稿