2010年2月24日水曜日

CRC Carpet Knife Generation XL Alum Upper Arm Mount



Aアームのクリアランスを調整していると気づいたのがのがアッパーアームが長いと意外とよれるなぁってこと。ツーリングだとフロントのアッパーアームがよれるとアクセルの入れはじめに変な動きをするけど12だと気になったこと無いなぁ?と思いつつもOPのリストを見るとアルミのマウントとブレースが出てます。早速取り寄せてまずはアルミのAアームマウント#3362 Pro-Strut Alum Upper Arm Mount - 10 deg を取り付けてみるとかなりしっかりする印象。マウント部のよじれはほぼ無い感じ。

形状をよく確認するとノーマルのプラスチックより前の部分が短くなっているこの部分にブレース #3364 Short Pin Brace-GenX, XL がつくらしい。とりあえずAアームの矯正は後回しにしてテフロンワッシャーを1枚抜く。ブレースを組んでみると前側の開きはほぼ解消される。よさそうなのでマウントのふたの前側を削って17.2mmにするとほぼぴったりでアッパーアームが自重で落ちてくるようになった。

0 件のコメント:

コメントを投稿